自転車保険とは何か

小学生からお年寄りまで日常の脚として自転車を使っている方は大勢います。とても手軽でどこへも行けるため重宝される乗り物ですが、常に事故と隣り合わせにあるということを忘れてはなりません。自転車事故によっては5000万円を超える高額の賠償判決が出るケースもあるのです。

このような自転車事故が起こった際に強い味方となるのが自転車保険です。自転車保険はまだ一般的なものではありませんが、これはどのようなものなのでしょうか。まずは自転車に乗っているときのケガの補償があります。これは自転車を運転しているときだけでなく、歩行中に自転車に衝突されたときのケガも含みます。保険加入者本人が入院や通院しなければならなくなった場合、保険金が支払われます。これは加入しているプランによって異なりますが、入院の場合で4000円から5000円、通院で1000円から2000円となっています。さらに大きな自転車事故で後遺症が残ってしまったり、死亡してしまったりした場合には300万円から500万円が支払われます。

そのほかには対人や対物の補償です。特に対人は高額の治療費と入院費、慰謝料などを支払わなければなりません。これもプランによって異なりますが、1000万円から最高1億円まで補償してくれます。

さらに、自転車が盗難された際に自転車本体の費用の一部を補償してくれます。しかし、このような自転車盗難保険を取り扱っているのは、一部の保険会社のみです。自分の目的に合わせて保険を選びましょう。

◎関連サイト
自転車事故だけじゃない補償もついている自転車保険サービスです → 自転車保険 補償

Copyright © 2014 自動車保険の必要性 All Rights Reserved.